花粉症が飛来する理由について調べてみた

花粉症・・・この言葉に異常反応してしまう自分がいます。

毎年冬になると、「あ~、今年も憂鬱な季節が始まるな・・・」と思ってしまいます。

テレビや新聞でも天気予報と合わせて花粉の飛来情報が流れ、最近では黄砂やPM2.5なども飛来しており本当に厄介ですよね。

ところでこの「花粉症」というのはそもそもなんで起こるのでしょうか。

ちょっと興味があったので調べてみました。

まず花粉症というのは通称で、正式な病名ではないことはご存知でしょうか?

正しくはアレルギー性鼻炎の一種とされています。(花粉症以外にもアレルギー性鼻炎はあります)

アレルギー性鼻炎はアレルゲンと呼ばれる原因物質によって分類され、通年性のアレルギー性鼻炎の場合は、ハウスダストやペットの糞などがアレルゲンとなり花粉症とは異なります。

それに対して、花粉症は季節性アレルギー性鼻炎とされています。

これは特定の季節にしかないアレルゲンに反応してしまうので季節性という名前がついています。

代表的なアレルゲンとして、スギ、ヒノキ、ブタクサ、シラカバなどの花粉があります。

これが俗にいう花粉症なのです。

そして花粉症はスギ花粉だけではないことが重要です。

数えてみるとスギ花粉以外にも約60種類もの植物がアレルゲンとなります。

日本の場合はスギ花粉が多いので、花粉症の原因=スギ花粉と思っている人が多いのですね。

日本の山の風景を思い出すとよく分かるのですが、スギの木が密集していることが多いのですが、これは日本の林業と深く関係しています。

元々は原生林でスギ以外の木も自生していたのですが、スギが必要なため、他の木を切り取りスギやヒノキだけを植林し、いわば人工的な山林を作り上げたのです。

人工的な森林は奥地よりも人里に近い場所にあるため、花粉が飛来する確率も高いというわけなのです。

ズキラックの効果とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です