健康であるために、良く動き、良く食べる

“健康であるために、毎日の生活を大切にしています。まず、しっかり食べることです。これは、何を食べても良いということではありません。1日30品目という話が一時聞かれましたが、これを実践しています。30品目の中に、タンパク質、炭水化物、脂質の3要素をバランス良く配分します。偏った食べ方では、品目を多くしても意味はありません。そして、3回以上に分けて食べます。回数を増やして、一度の食事のカロリーを少なくすることで、ダイエット効果が現れます。健康のためには、脂質が悪者視されることがありますが、脂質を摂らないのも駄目なのです。良い品質の脂肪を摂るように心がけています。
しっかり食べたなら、次はしっかり動きます。特別に意識しなくても、家事を行う人なら、その家事で運動効果を得ることもできます。掃除機を掛ける際も、しっかり背中を伸ばし、腕を大きく伸ばすようにします。また、拭き掃除はとてもよい運動になります。腕に力を入れ、右から左に大きく拭くことで肩や腕の運動になります。腕の裏側(上腕3頭筋)の余分なお肉が取れます。
さらに、お買い物もできれば歩いて行きます。特別、思い物を買う予定のない場合は徒歩です。それも、だらだら歩かず背中を伸ばし、歩幅を広くして歩きます。
これが、いつも心がけている健康法です。さらに、時間があるときはトレーニングを行っています。いつまでも、若さと健康を保つために。”

スリムプリンセス 置き換え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です