ダイエットという言葉の変遷とともにわかってきたこと

ダイエットという言葉は、毎日聞かない日がないくらいに、今の世の中に浸透していますよね。

テレビやインターネット、ラジオ、書店などでもダイエットという言葉を聞かない日ってほんとにないですよね。

一昔前までのダイエット料理とは、「まずい、時間がかかる、面倒くさい」というイメージがありましたが、最近では「おいしい、短期間、簡単」という謳い文句がついてくるようになりました。

書店に並ぶダイエット本を見てみても、「簡単ダイエット料理レシピ」「一週間でやせる!簡単ダイエットレシピ集」なんていうようなダイエットのレシピ本がたくさん並んでいますよね。

ダイエットは、もともと英語のDietからきています。

Dietは英語では食物、日常的な食事や餌という意味で、「ダイエットコントロール」「ダイエットセラピー」の略語として食事療法のための「規定食」をさしています。

ダイエットという言葉は、日本でももともとは医療用語として使用されてきましたが、いつのまにか「減量のための食事制限」という使い方だけがクローズアップされるようになって、「痩せる」という部分だけがひとり歩きしたのです。

そして最終的に、もともとの食事という意味が取り払われて、減量全般指す和製英語に変わってしまったというわけです。

そういえばダイエットって、むかしはシェイプアップなんて言われてましたが、最近では余り使われることはなくなりましたね。

ストレスが多い現代の世の中では、「おいしい、短期間、簡単」なダイエットが重視されるのは自然なことかもしれませんが、健康で生活費のかからないダイエットレシピは大歓迎ですね。

フレッシュフルーツ青汁は市販で買えるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です