妄想力で幸せを感じる方法

嫌だけど続けなければならないことって、結構ありますよね。
そういう時、嫌なことを続けながらも、楽しいことを考える妄想力って大事だと思います。
例えば、帰ったら突然、部屋に何もなくなってお金だけが300万円くらい置いてあったら、
何がこれからの自分には必要なのか考えてみるとか。
持っているものは朝仕事に着ていった服と、バッグとスマホと靴だけ。
わたしなら、まず部屋のカビの生えた壁紙を取り換えて、カーペットの床を全部、
フローリングに変えて、ぴかぴかの気持ちいい部屋にしたら、家具などは買わず、
布団一式だけ買って6畳の部屋を広々と使います。
そして1枚だけ大きめな自分のお気に入りの絵を買って額に飾り、その隣には、
試験官に入れた小さな花を一輪だけ飾ります。
余ったお金は、1週間分の服と、1か月分の生活費にします。
そう考えると、必要な物って案外ないなーと思います。
徐々に必要なものは出てくるけど当分の間は人間生きていけるんじゃないかと思いました。
それと同時に、今住める家と働ける職場があるって、それだけで幸せだなと感じますし、
今あるものを大切にしようと、もっとシンプルな幸せについて考えたりします。
妄想って、人間に与えられた最高の贈り物ですよね。

輸入車 車買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です