出来る場所ごとに違うニキビケア

ニキビはどこにできても同じケアをしていませんか。
実は、それは少し違います。ニキビは、できる箇所によってスキンケア方法を変えなくてはなりません。
できる原因も様々で、皮膚が薄いなど箇所によって特徴があるからです。

例えばニキビといえば顔やデコルテ、背中が主に悩むところです。
顔はストレスや生活習慣、皮脂の詰まりによるものなので生活習慣を見直し、皮膚を清潔に保てっていれば大幅に改善されます。
人によっては、おでこにできやすかったり顎にできやすかったりと、顔のパーツによってもケア方法が違うので調べてみるといいでしょう。

デコルテのニキビは、本人ばかりが気になるイメージですが、周りにも割と見られている部分です。
デコルテが綺麗だと、綺麗な生活をしているという良い印象も与えるようで、気を遣うといい箇所です。
デコルテニキビは、汗による刺激や衣類の擦れが積み重なり起こるものが大半です。
またできてしまったニキビは、悪い食生活が続くことにより悪化するので注意が必要です。
刺激を与えない、油分を控えめにすることが最大の予防策といえます。

背中ニキビは自分からなかなか見えない部分であり、気付いた時には重症化していることが多々あります。
原因はホルモンバランスが崩れる、睡眠不足、ストレスといった精神的なものが大きく影響しています。
規則正しい生活と程よい保湿をすることで改善が見られます。ニキビに悩んでいるときに、皮膚科に行くとよく処方される塗り薬がクリンダマイシンゲルです。
この中のリン酸クリンダマイシンゲルという有効成分に細菌を殺菌する働きがあります。
軽度なものであれば2、3日で改善するほどの効果があり、ニキビに大変効果的とされています。こちらは通販でも購入が可能です。
金額は15ミリ1800円ほどで、市販薬より効き目があるとの口コミが多数みられます。通販では医師の診察なしでの購入なので、かゆみや発疹が現れた場合には早急に医師に相談しましょう。
まれに肌に合わないこともありますので、使用を控える必要があります。

プラクネが売ってない!?唯一の販売店とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です