二人三脚で頑張って良かった。

私は30代後半の男性です。私が妻と結婚したのは25歳の時で、私の友人の中でも結婚は早い方でした。妻と知り合ったのは大学で、私と同い年です。妻も周りと比べて結婚したのは早かったです。そのうちに周りの友達も徐々に結婚しだし、私が30歳を越える頃、周りの夫婦は皆、順調に子宝に恵まれていきました。私は特に子作りを焦ってはいなかったのですが、妻は大学の時から子供を持ちたい願望が強く、年齢的なものもあって焦りが見え始めました。

私は3人兄弟の末っ子で、姉が二人いるのですが、姉は二人とも順調に子供をそれぞれ2人ずつ授かっていて、姉たちからもダイレクトではないにせよ、私に対して子作りのプレッシャーをかけてきました。私も妻も健康体だしそのうち子宝を授かるだろう、と思っていたのですが、31歳の時、妻から一回、産婦人科で私たちは妊娠可能なのか診てもらおう、との提案がありました。

私は友人から男性の検査はある部屋に入れられて、出すものをコップに出さないといけないから恥ずかしいというのを聞いていたので、産婦人科に行くことにとても抵抗がありました。ただ妻だけでなく、義理の父母も交えて3人がかりで説得に来たので、とうとう折れることになりました。勇気を振り絞って二人で産婦人科に行ったのですが、二人とも妊娠に関しては特に問題がないとのことで、一応安堵はしました。産婦人科に行ったことで私も焦るようになりました。

それから二人で色々と頑張ったものの、もうダメかと諦めた33歳の秋、妻に妊娠の兆候が見られ、妊娠が分かりました。その9ヶ月後、女の子を無事授かることができ、続けて次の年、男の子にも恵まれました。フッと気を抜いた時に子供を授かった気がするので、子作りはあまり気張らない方がいいのかもしれません。

妊娠中におすすめの葉酸サプリは鉄・カルシウムが含まれているもの

できる場所によって原因が違うニキビ

ニキビができると、つい洗顔が不足しているのかな?脂っこいものを食べすぎたかな?と思ってしまい、ゴシゴシと強めに洗顔してしまいがちですが、実際はニキビができる場所によって原因は違うことが良くあります。

一番の大きな原因は、毛穴の詰まりです。
何かの原因によって毛穴が詰まると、皮脂が詰まったり汚れが詰まったり、菌が繁殖してしまいニキビとなってしまうのです。
詰まった皮脂が酸化してしまうと触ると痛い赤ニキビになったり、見た目に良くない黒ニキビになったりするので、早め早めの対策が重要といえます。

オデコにブツブツと複数できるニキビは、シャンプーやトリートメントがよくすすがれずに残ってしまったという場合もありますが、よく洗い流しているのにオデコに沢山できてしまう場合は、精神的なストレスが原因である可能性が高いのです。
何らかのストレスによる消化不良がニキビとして現れるのです。

一瞬ヘルペスと見間違う様な、口周りにできるニキビはビタミンが足りていないことが原因といえます。
ここにニキビができている時は、胃腸の調子も悪いことが多いのです。

顎にポツンと大きなニキビができる時は、運動不足やコレステロールの過剰が原因である可能性が高いといえます。
特に、長い休みなどで余り体を動かさずに暴飲暴食をしていた時は要注意です。

同じ顎でも、顎のど真ん中にできた場合は、ホルモンバランスの乱れが関係しています。
生理前などはこの場所にできる確率が高くなるのです。
ニキビができたからと洗顔ばかりに力を入れずに、原因を改善していくほうが早く治ることも多いのです。

ニキビ跡に即効性のある化粧水がしりたい!ほしい!

大人になってからバレーボールにはまりました

私は社会人になって知人に誘われたことから、バレーボールにはまりました。

ママさんではないけど、ママさんバレーです。最初の数年こそ、週に一回19時半から21時までの練習をゆるーくやっていたし、試合も年に一回と、趣味に毛が生えた程度のものでしたが、五年ほど前から外のつながりが出来て、外部チームの試合に助っ人で参戦したり、練習にもお邪魔させてもらったりと、かなり、濃厚な時間を過ごしています。

最高では週に五回練習があり、ほとんど部活と変わらない状態です。

他にバレーをやっているメンバーも私も、皆仕事が終わってから練習に通います。仕事では精神的に、バレーでは肉体的に疲労をして帰るので(笑)夜もかなりぐっすりと休めます。

ひとたび試合になれば、日頃の練習の成果を発揮しようと、懸命に取り組むので、仕事と家の往復では味わえない充実感もありますし、何回も同じことをすると監督やコーチに怒られるので、自分にとって刺激にもなります。(大人になってから本気で怒られることはあまりありませんからね…)

自分のできることがどんどんできるようになり、運動不足も解消!自分の成長にも繋がるので、なかなか止められず、なんだかんだで13年になってしまいました。

人間関係とかまったくないと言ったらウソになりますが、許容範囲と思います。かけがえのない時間を持てていることが嬉しく感じます。

エクスレンダー 楽天市場

クレンジング選びは肌質に合ったものを選びましょう

メイクをした後は、必ずクレンジングを使用します。その際に、肌質に合ったものを使うことが重要なポイントになります。

乾燥肌の場合、肌の奥まで浸透するタイプのオイルクレンジングは、しっかりとしみ込んで、肌の奥の汚れもきちんと落としてくれますし、ハードなメイクもしっかり落ちます。逆にオイリーな肌の方はオイルクレンジングを使うと、肌が油っぽく感じるため、ジェルタイプのクレンジングの方が肌にシックリ感じるというケースも多々あります。

肌のタイプによって、クレンジングを使い分けることでメイク汚れもしっかり落とすことができます。メイク汚れが残っていると、くすみやシミの原因になるため、きちんとメイクを落とすことは重要になります。

マスカラをたっぷりつける女性も多く、特にウォータープルーフのマスカラを使用している場合、普通のクレンジングでは、なかなか落ちないため、アイメイク専用のクレンジングを使用するケースが多いです。もしくは、オイルクレンジングをコットンに含んで、優しくふき取るなど、きちんとマスカラを落とすことは重要になります。少しでもマスカラが残っていると、まつ毛への影響も大きく、次第に抜けていくため、しっかりとアイメイクを落とすことも重要になります。

クリームタイプのクレンジングは、乾燥肌やオイリー肌の両方、活用してもよく、使用感に違和感を感じることなくシックリくるようでしたら愛用しても良いでしょう。

毛穴の汚れを落とすクレンジング

ニキビ菌を増やさない常在菌を大切に

ニキビケアのやり方は人それぞれありますが清潔にしすぎないことは意外と大事です。ニキビで困っている人に限って肌を清潔にしすぎています。肌には「常在菌」といって肌を雑菌や悪いものから守る役に立つ菌が住んでいるので常在菌まで洗い流さないようにしましょう。

ニキビ菌が繁殖するのは肌を守る常在菌の力が弱まるためとも言われています。クレンジングでメイクを落としてから洗顔石鹸を使う方法は悪くないですが、洗顔するなら1度だけにして2度3度洗顔しないように気をつけましょう。

私はダブル洗顔不要のクレンジングを使ってます。ダブル洗顔不要なのでクレンジングを1度行うだけでメイク汚れはもちろん肌の汚れも落ちます。汚れが気になることはないので洗顔なしでクレンジングだけしてそれでおしまいです。

夜はそんな感じで不要な洗顔を避け朝は更に簡単に洗顔料を使わない洗顔です。何もつけず水で顔を洗ってそれでおしまい。それ以上のことはしないしそれ以下のこともしません。冬になればぬるま湯で顔を洗いますが寒くなる手前まで水で顔を洗います。

お湯を使うと肌は乾燥してシワが目立つようになるし、肌の潤いが取れやすくつやが失われます。さっぱりしたいときはぬるま湯洗顔も試すけれど気温が高い時期は水洗顔ばかり。このくらいにしておくことで常在菌が肌に残りニキビ菌の働きを弱めてくれます。

ニキビがどうしてもなくならないなら清潔にしすぎてないか考えてみましょう。

プラクネの口コミを聞いてみた!|プラクネって本当に効くの?

日本で!海外で!おいしいものを求めること。

私の趣味は食べることです。ちなみにお酒も大好き。

成人になり、お酒の楽しみ、食の楽しみを知ってからはもっぱら食べて飲むことに夢中です。

旅行へ行く時でもいかにどれだけ食べ甲斐のあるものがそろっているか!それが旅行先の決め方!有名な観光スポットよりもその地域で一番おいしいローカルフードを求めています。

先日タイへ旅行に行ったときは全く予定になかったクラビというところまで行きました。

クラビはタイ南部にある岩と海に囲まれたとても素晴らしいところです。

雨が降っていたので滞在先のプーケットのホテルでゆっくりしていた時にマンガアプリで美味しんぼを読んでいたのですが、上海蟹よりも味わい深いカニがタイ南部クラビ県にあると!!!無類の甲殻類好きとしては行かない手はない。

プーダムと呼ばれるマングローブ蟹を求めてすぐにフェリーを予約し、すべての予定を変えてクラビへ!

お目当てのプーダムは濃厚でありながら思ったより臭みも少なく本当に本当においしかったです。

プーダムをしこたま食べて、道行くタイ人にどこのローカルフードがおいしいのか聞きまわり一日に5~6件多種多様なローカルフードレストランへ!!!

プーダムからはじまり、屋台のフライドチキン、フライドフィッチュ、エビの春雨和え、春巻etc…屋台が集うところとナイトマーケットは私にとっては天国です。

市場、細道、フードフェスを見つけては食べまくっています。体重と食欲は比例してどんどん肥大化していますが、当分は気が付かないふりをしようと思います。笑

しろ彩 アマゾン

自分でできる簡単妊活

妊活と聞いても実際何から始めて良いか分からないという人は多いのではないでしょうか。31歳だった私は結婚して1年経った頃から妊活してみようと思い始めてみました。本格的な妊活というよりはどちらかというと妊娠しやすい体作りを目指しました。

まず基本は体を冷やさないようにする事。冬の寒い時はもちろん、夏の冷房にも気をつけました。職場では常に膝掛けを持ち歩いていました。足首を冷やすのも良くないという事で気をつけました。デニム等のパンツ類は一見体を冷やさないために良いように思いますが、意外と足首が出ていてそこからスースー風が入ってきて、結構足首を触ってみると冷たくなっていたりします。それなので私は冬でも長めのスカートを履き、タイツを履いていました。150デニールくらいのものだとかなり暖かいです。

それと私はとてもお酒が好きで以前は毎日結構な量を飲んでいたくらいなのですが、やはりお酒は妊娠にはNGだろうと思い、少しずつ飲む量と回数を減らして行きました。お酒カレンダーを作り、飲んだ日は×、我慢した日は○を付けて、月ごと集計していました。×を付ける事に対し罪悪感が出てくるので自然と禁酒デーが増えて行きました。

あとは早めのうちから葉酸のサプリメントを飲み始めました。妊娠中に葉酸を摂取することは今やあたりまえの事ですが、妊娠前から摂取する事で妊娠しやすくなる体作りもできるみたいなので、すぐにドラックストアに行き購入しました。簡単妊活の甲斐あって半年後くらいに見事妊娠する事ができました。少し意識するだけで体も妊娠体質になるかもしれませんので、ぜひ小さな事から始めてみてください。

葉酸サプリの口コミを読んで妊娠を意識しよう