転職を考える瞬間

就職活動でせっかく内定を頂いても自分が思い描いていた仕事と違うと感じることがあります。
それでもせっかくあんなに頑張って勝ちぬいた内定だからこそ続けようと思う人もいれば、
自分が向いている仕事へ転職しようと新しい道へ進んでいく人もいます。
就職活動で企業説明会へ参加し、企業分析をしてきたのにも関わらず仕事が自分に合わないと感じてしまうのは一体なぜなのでしょう。

入社後にすぐに研修があります。
研修期間中は座学を中心に業務で必要な情報をひたすら頭に叩き込んでいきます。
それが終わると先輩にサポートされながら、実際に業務を行っていきます。
業務をしていく中で自分がやりたかったことはこんな仕事じゃない!と思う瞬間がある人もいますね。
自分はホテルでフロントがやりたかったのにレストランに回されたとか
本当は商業施設の受付がやりたかったのに運営側に回されたとか。
自分が希望していた部署と違う部署に配置されてしまう事でやりたかった事と全く違う仕事をしなければならないという
仕事内容についての不満がまず1つ目の理由です。

2つ目の理由は、人間関係です。
職場は1日の大半を過ごす場所ですので、できるだけ穏やかな環境に自分をおきたいでしょう。
しかし、新卒いじめがあったり上下関係がきびしかったりで転職を考える人もいます。
自分が一番年下で、仕事もまだ全然できない立場であるから仕方ないと思える人もいれば、
年齢が違うとか経験値があるからという理由で人に当たって良いわけがないんだ!と思う人もいます。
職場によってはブラック企業と言われる企業もあり内部の人間関係がかなり複雑なところもあります。
男女比によっても変わってきますね。
人間関係がうまく築けないからというのも転職の理由となります。

3つ目は、労働環境です。
先ほどの人間関係もこの労働環境の一部ですが、今回は給料であったり労働時間であったり労働に関する環境のことです。
学生の時は6時間寝るのが当然であったのに残業続きで寝る時間が4時間しかないなんて所もあります。
そんなキツい労働環境やそれに見合った給料が払われないことにいらだちや不満を抱えて転職を決意する人もいます。

薬剤師 転職 派遣 転職サイト ママ 女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です