健康とスポーツ

「健康的な身体づくりやっていけば健康的になることができる」と結論を出すことはちょっと早計になります。「意欲的に汗を流す」ことと「立ちっぱなしパンツであったりスカートがはける」ことだろうと中に関わりのあるを持っていてそうなことはわかったとしても、「積極的に身体を動かす」というのが「立ちっぱなしパンツやスカートがはける」ことができる原因とは間違いなく言い切れないからなのです。  どうしてかというと、何れにもつかまらずに「立ちっぱなしパンツやスカートがはける」と言われるような、最初から下半身が健康的な人間であるが故に、「盛んにスポーツをする」状況になんの不自由もあるわけない、と捉えるということも可能だからです。元々は、何でもいいのでにつかまったり椅子に腰掛けたりしないとパンツやスカートがはけないような人間は、しょっちゅうスポーツなどできません。  これ以外の例えを考慮してみることにします。とある男の子校の部活動で、バレー部の学生の平均値は178cm、書道部の学生の平均値は166cmであったとしましす。この理由によって外見上、「バレー部に入ると背丈が大きくなる」と認識しそうというものです。しかしながらひょっとしたら、もとから背丈が大きい学生がバレー部に勧誘されただけかもしれないからなのです。 こういったふうに、見た感じでは、つながりが存在するように思ったとしても、本当のことを言うと状況と結末が正反対となっている目処がないとも言えないケースでは、「因果の逆転」と言うのです。因果の逆転が発生するというのは、「要因(スポーツ)」と「成果(パンツやスカートが履ける)」を同時進行の形で検証しているせいです。  こんな感じの選定のやり方を、における実態を思い切って切り落として比較検討するという意味を含めて「通過リサーチ」と言います。ほとんどすべての聞き取り調査や世論分析は通過リサーチなので、因果の逆転が生じてしまいます。そういうわけで、この批評においては意識することが重要になります。

 

健康な身体を水素ではじめてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です