歯の健康を損ねない程度にホワイトニング施術を留めて

歯科クリニック等で専門のホワイトニング施術を受ける際、最も怖いのが施術直後の飲食による再着色のリスクです。

歯科クリニック等で短時間で行うホワイトニング施術に使用される薬液は、歯の表面にあるエナメル質を若干溶かす過酸化水素の成分を含んでいます。

本来はこの働きにより歯の表面に付着したしつこい着色汚れごと溶かしてしまい、歯の白さを際立たせるのですが、実はこの時にエナメル質の新たな表面に細かな凹凸を形成してしまうのです。

この状態は後の再石灰化と呼ばれる生理現象により綺麗に修復されるのですが、それまでのしばしの時間、これらの凹凸に大変汚れが付着し易い危険な状態が続いてしまいます。

当然その間の着色し易い飲食は絶対に避けるべきであり、最低でも施術後丸1日はそれらの飲食を控えた方が良いでしょう。もちろん炭酸飲料等、更に歯の表面を溶かす成分の飲食は絶対に止めるべき。只でさえホワイトニング施術で薄くなったエナメル質にこれらで追い打ちを掛け更に薄くしてしまう様な事があれば、再石灰化でもフォロー出来ず、知覚過敏等の症状を引き起こす原因となってしまいかねません。

自分が納得出来ないからと過度にホワイトニング施術を繰り返すのも問題でしょう。歯の強度を大きく落とし、将来のトラブルの可能性を自ら増やしてしまう訳ですから、ある程度の白さで納得出来る絶対的な線引きを設けるべきでしょう。

ホワイトニング施術自体、歯にある程度の負担を強い仕上げている事をまず自覚し、適切な程度に留める事が大切なのです。

ステイン除去 歯磨き粉 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です