私のホワイトニング方法

私は、幼い頃から歯磨きを面倒臭がっていたようで、気づいた頃にはもう手遅れなほど黄ばみが気になる状態でした。中学生になった頃に化粧をするようになって初めて気にしはじめました。

性格は明るいタイプなので、それまではにこにこと笑っていたのですが、黄ばみに気づいてからうまく笑えないようになってしまいました。また小さな頃から親から教えられてしっかりと歯を磨いてきた子達は比べ物にならないほど歯が綺麗で、周囲の子達との違いにも気を落とすようになってしまいました。

なんとかきれいにしたいと思い、まずは歯を磨く回数を増やしました。その当時は朝1回だけしかしていなかった歯磨きを必ず3回するようにして、他にも時間があったら歯磨きをしました。でも、既にこべりついている黄ばみはもちろん取れません。次は歯医者に行った時に、治療ついでに掃除をしてもらいました。

それでも黄ばみに変化はありませんでした。高校生になって自分でお金を稼げるようになったので、ホワイトニング専用の歯磨き粉と、歯を白くする美容液を購入しました。歯磨き粉の効果はいまいち感じられませんでしたが、美容液は効果を感じられました。

これらを使用する前に写真を撮って保管しておき、3ヶ月程度経ったところで比較してみると、特に集中的に美容液を落としていた前歯のあたりの変化が顕著でした。笑った時に最も見える場所だったので嬉しかったです。最近は自宅でスマートフォンを使ってホワイトニングができる機械もあるので、次お金が貯まったらそちらを試してみたいと思います。

歯のホワイトニングが自宅でできる!人気の歯磨き粉ランキング