年齢を重ねてからのまつげのエクステは頑張ってる感が出てしまうから

ここ数年まつげのエクステが人気になっているようです。
自分のまつげに付け加えるように人工のまつげをくっつけていくのがまつげのエクステです。
髪の毛のエクステなら昔何度もやってもらいましたが、私はまだまつげのエクステは未経験です。

まつげの長さが長かったらな・・・と悩んだことはあります。
まつげのボリュームはそれほど気にしませんがまつげの長さがもう少しだけ長かったら横顔に自信が持てるのに・・・と。
最近は年齢も年齢なので今あるまつげをひたすら大事にするだけですが、昔は横顔をかわいく見せたくてまつげを少しだけ伸ばしたい欲求がありました。

まつげのエクステをすればその欲求は簡単に叶えられます。
そんなことはよく分かっていますが私はチャレンジするつもりはなくマスカラでまつげを伸ばしています。
使い慣れたマスカラを使っているのがなんといっても安心だからです。

それから年を取ってからまつげのエクステをすることに抵抗があります。
まつげだけが浮いてしまって顔に馴染まないんですよね・・・。
まつげのエクステばかりが目についてしまって妙にふさふさしていてそこばかりに目が行ってしまいます。

若い女性なら似合うことでも年齢を重ねた女性には難しいことってたくさんありますよね。
まつげのエクステもやり過ぎてしまうと頑張っている感が出てしまい何となくおかしな感じになってしまうのです。
年齢を重ねたらちょっと足りないくらいの方が良いのかもしれません。

マツエクが長持ち!美容液 ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です