クレンジング選びは肌質に合ったものを選びましょう

メイクをした後は、必ずクレンジングを使用します。その際に、肌質に合ったものを使うことが重要なポイントになります。

乾燥肌の場合、肌の奥まで浸透するタイプのオイルクレンジングは、しっかりとしみ込んで、肌の奥の汚れもきちんと落としてくれますし、ハードなメイクもしっかり落ちます。逆にオイリーな肌の方はオイルクレンジングを使うと、肌が油っぽく感じるため、ジェルタイプのクレンジングの方が肌にシックリ感じるというケースも多々あります。

肌のタイプによって、クレンジングを使い分けることでメイク汚れもしっかり落とすことができます。メイク汚れが残っていると、くすみやシミの原因になるため、きちんとメイクを落とすことは重要になります。

マスカラをたっぷりつける女性も多く、特にウォータープルーフのマスカラを使用している場合、普通のクレンジングでは、なかなか落ちないため、アイメイク専用のクレンジングを使用するケースが多いです。もしくは、オイルクレンジングをコットンに含んで、優しくふき取るなど、きちんとマスカラを落とすことは重要になります。少しでもマスカラが残っていると、まつ毛への影響も大きく、次第に抜けていくため、しっかりとアイメイクを落とすことも重要になります。

クリームタイプのクレンジングは、乾燥肌やオイリー肌の両方、活用してもよく、使用感に違和感を感じることなくシックリくるようでしたら愛用しても良いでしょう。

毛穴の汚れを落とすクレンジング

ニキビ菌を増やさない常在菌を大切に

ニキビケアのやり方は人それぞれありますが清潔にしすぎないことは意外と大事です。ニキビで困っている人に限って肌を清潔にしすぎています。肌には「常在菌」といって肌を雑菌や悪いものから守る役に立つ菌が住んでいるので常在菌まで洗い流さないようにしましょう。

ニキビ菌が繁殖するのは肌を守る常在菌の力が弱まるためとも言われています。クレンジングでメイクを落としてから洗顔石鹸を使う方法は悪くないですが、洗顔するなら1度だけにして2度3度洗顔しないように気をつけましょう。

私はダブル洗顔不要のクレンジングを使ってます。ダブル洗顔不要なのでクレンジングを1度行うだけでメイク汚れはもちろん肌の汚れも落ちます。汚れが気になることはないので洗顔なしでクレンジングだけしてそれでおしまいです。

夜はそんな感じで不要な洗顔を避け朝は更に簡単に洗顔料を使わない洗顔です。何もつけず水で顔を洗ってそれでおしまい。それ以上のことはしないしそれ以下のこともしません。冬になればぬるま湯で顔を洗いますが寒くなる手前まで水で顔を洗います。

お湯を使うと肌は乾燥してシワが目立つようになるし、肌の潤いが取れやすくつやが失われます。さっぱりしたいときはぬるま湯洗顔も試すけれど気温が高い時期は水洗顔ばかり。このくらいにしておくことで常在菌が肌に残りニキビ菌の働きを弱めてくれます。

ニキビがどうしてもなくならないなら清潔にしすぎてないか考えてみましょう。

プラクネの口コミを聞いてみた!|プラクネって本当に効くの?

自分でできる簡単妊活

妊活と聞いても実際何から始めて良いか分からないという人は多いのではないでしょうか。31歳だった私は結婚して1年経った頃から妊活してみようと思い始めてみました。本格的な妊活というよりはどちらかというと妊娠しやすい体作りを目指しました。

まず基本は体を冷やさないようにする事。冬の寒い時はもちろん、夏の冷房にも気をつけました。職場では常に膝掛けを持ち歩いていました。足首を冷やすのも良くないという事で気をつけました。デニム等のパンツ類は一見体を冷やさないために良いように思いますが、意外と足首が出ていてそこからスースー風が入ってきて、結構足首を触ってみると冷たくなっていたりします。それなので私は冬でも長めのスカートを履き、タイツを履いていました。150デニールくらいのものだとかなり暖かいです。

それと私はとてもお酒が好きで以前は毎日結構な量を飲んでいたくらいなのですが、やはりお酒は妊娠にはNGだろうと思い、少しずつ飲む量と回数を減らして行きました。お酒カレンダーを作り、飲んだ日は×、我慢した日は○を付けて、月ごと集計していました。×を付ける事に対し罪悪感が出てくるので自然と禁酒デーが増えて行きました。

あとは早めのうちから葉酸のサプリメントを飲み始めました。妊娠中に葉酸を摂取することは今やあたりまえの事ですが、妊娠前から摂取する事で妊娠しやすくなる体作りもできるみたいなので、すぐにドラックストアに行き購入しました。簡単妊活の甲斐あって半年後くらいに見事妊娠する事ができました。少し意識するだけで体も妊娠体質になるかもしれませんので、ぜひ小さな事から始めてみてください。

葉酸サプリの口コミを読んで妊娠を意識しよう

妊娠ジンクスの水天宮に行ってみよう

妊活中は、妊娠のために栄養に気をつけて食事をしたり、逆に妊活に良くないとされるアルコールやカフェインに気を使ったりと、なかなか大変ですよね。しかも、いつ妊娠できるかもわからない不安もあり、ストレスが溜まりがちです。そんな時におすすめな息抜きが、水天宮に行くことです。水天宮は言わずと知れた、安産・子授けで有名な神社です。わたしも行ってみました。

水天宮は、中央区日本橋にある神社で、最寄駅は水天宮前駅、人形町駅、浜町駅です。水天宮前駅からは徒歩1分。1番遠い浜町駅からも、徒歩12分で到着することができます。日本橋七福神巡りにも入っている神社です。数年前に改築された水天宮は、入口がちょっとビルのようになっていて、近代的な雰囲気になっています。わたしが小学生の頃に行った時は、普通の神社って感じでしたが。

水天宮は、安産祈願もできるし、安産のお守りもあります。子授け祈祷もできるので、お守りや絵馬を買って、子宝に恵まれることを祈ります。わたしも水天宮の絵馬を見たことがありますが、犬の絵が描いてあってとっても可愛かったです。お守りもピンクで可愛いです。また、境内には子宝犬の像があります。母犬と子犬の像で、周りには十二支が描かれています。十二支のうち、自分の干支をなでると、子授け、安産、無事成長など、様々なご利益があると言われています。

食べ物に気をつける妊活に疲れてしまったときは、気分転換に水天宮に行ってみてはいかがでしょうか?妊娠ジンクスもあるし、周りには日本橋の名所がたくさんあります。おいしいお店もあるので、ちょっとした食べ歩きやお散歩にもぴったりです。ストレスを溜めずに、リフレッシュしながら妊活ができたらいいですね。

ベジママとベルタ、商品の特徴は?

出来る場所ごとに違うニキビケア

ニキビはどこにできても同じケアをしていませんか。
実は、それは少し違います。ニキビは、できる箇所によってスキンケア方法を変えなくてはなりません。
できる原因も様々で、皮膚が薄いなど箇所によって特徴があるからです。

例えばニキビといえば顔やデコルテ、背中が主に悩むところです。
顔はストレスや生活習慣、皮脂の詰まりによるものなので生活習慣を見直し、皮膚を清潔に保てっていれば大幅に改善されます。
人によっては、おでこにできやすかったり顎にできやすかったりと、顔のパーツによってもケア方法が違うので調べてみるといいでしょう。

デコルテのニキビは、本人ばかりが気になるイメージですが、周りにも割と見られている部分です。
デコルテが綺麗だと、綺麗な生活をしているという良い印象も与えるようで、気を遣うといい箇所です。
デコルテニキビは、汗による刺激や衣類の擦れが積み重なり起こるものが大半です。
またできてしまったニキビは、悪い食生活が続くことにより悪化するので注意が必要です。
刺激を与えない、油分を控えめにすることが最大の予防策といえます。

背中ニキビは自分からなかなか見えない部分であり、気付いた時には重症化していることが多々あります。
原因はホルモンバランスが崩れる、睡眠不足、ストレスといった精神的なものが大きく影響しています。
規則正しい生活と程よい保湿をすることで改善が見られます。ニキビに悩んでいるときに、皮膚科に行くとよく処方される塗り薬がクリンダマイシンゲルです。
この中のリン酸クリンダマイシンゲルという有効成分に細菌を殺菌する働きがあります。
軽度なものであれば2、3日で改善するほどの効果があり、ニキビに大変効果的とされています。こちらは通販でも購入が可能です。
金額は15ミリ1800円ほどで、市販薬より効き目があるとの口コミが多数みられます。通販では医師の診察なしでの購入なので、かゆみや発疹が現れた場合には早急に医師に相談しましょう。
まれに肌に合わないこともありますので、使用を控える必要があります。

プラクネが売ってない!?唯一の販売店とは?